温めて癒やす健康グッズ|ブヨッとしたカラダにサヨナラ|健康リスクが高まる肥満を無くそう

ブヨッとしたカラダにサヨナラ|健康リスクが高まる肥満を無くそう

温めて癒やす健康グッズ

手

温める仕組み

遠赤外線という名前を聞いたことがあると思います。この遠赤外線は光や電磁波の一種で、物を温めるる効果があります。また遠赤外線はあらゆる物質から放出されています。ただその放出量は物質によって異なります。遠赤外線は体を芯から温めてくれると言いますが、これは半分間違いです。遠赤外線は、モノの内部までは届きませんので内部を直接温めることはありません。ですが体の表面をまんべんなく温める効果はありますから、これにより血行が良くなり表面の温度を内部に伝えられることで、芯から温まるように感じると思われます。また血行が良くなることで新陳代謝も活性化し老廃物の排出が促進されます。体内が温まることは免疫力を活性化を促すなど様々な効果が期待できます。

いろいろな応用グッズ

遠赤外線は様々なものに応用されています。繊維に組み込むことで保温力を高めた衣料品や、内部に組み込んだ寝具があります。放射を受けた身体が温まり、温まった身体の熱を受けて更に多くの遠赤外線を放出すると言ったサイクルが温かい衣料や寝具の人気の理由でしょう。火鉢や暖炉など昔ながらの炭を使った暖房器具も遠赤外線を放出して部屋を暖める効果があります。最近のストーブやファンヒーター、こたつなどにも応用したものが多く出回っています。オイルヒーターと言った遠赤外線そのものを煖房に使う器具もあります。熱を直接加えるのではなく、当たったものがゆっくり発熱する遠赤外線が、身体に優しい暖房器具と呼ばれているのもこういった効果によるものなのです。